明石家さんま

写真拡大

10日放送の「行列のできる法律相談所 2時間半SP」(日本テレビ系)で、女優でキャスターの宇佐美蘭が、サッカー日本代表選手で夫の宇佐美貴史が語ったという、驚きのエピソードを明かす一幕があった。

番組にゲスト出演した蘭は、貴史が「娘をあまりにも溺愛」していることに怒っているのだと告白した。貴史は、娘を溺愛するあまり蘭にも対抗心を燃やし「蘭とオレの決定的な差は母乳なんだよ」「なんでオレには母乳が出ないんだ」と嘆いていたのだという。

さらに貴史は、妻に先立たれて酔いつぶれた自分に、大人になった娘が毛布をかけてくれるといった将来像を妄想しているそう。

VTRで登場した貴史は「思い当たる節しかないですね」「溺愛に溺愛を重ねてる状態ですね」と、娘への溺愛を認めた。そして、スタジオでは、蘭が「母乳が昔出たらしくて…」と暴露。ほかの出演者から一斉に驚きの声があがる中、司会の明石家さんまは「おい、(貴史は)ヘディングしすぎ!」と、痛烈なツッコミを入れて笑いを誘った。

さらに蘭によると、貴史の妻に先立たれるという妄想は「結婚した特権として先に(妻を)看取りたい」という願望からきているものだという。さんまは呆れた様子で「オレ、宇佐美は日本代表外すわ」とツッコミを入れ、再び笑いを誘っていた。

【可憐記事】
宇佐美貴史がとんねるず番組で男気 岩渕真奈の罰ゲームを代理で受ける
宇佐美蘭がブログで「海外暮らし」に憧れる人へ警告
宇佐美貴史の妻、宇佐美蘭のブログが「ほほえましい」と話題