太田光

写真拡大

7日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、太田光が現役女子高生社長の椎木里佳(しいき・りか)さんに対して「ふざけんなよ、お前」と怒りを露わにする場面があった。

番組には、中学3年生で起業した椎木さんが出演。現在はスマートフォン向けアプリの開発などの事業を展開し、年商は数千万円に上るという。そして番組では、石坂浩二氏の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)降板騒動を受けて、発言を編集でカットされないための方法を出演者たちが明かしていった。

そんな中、椎木さんも「観ている人が何を求めているのかをPDCAサイクルを回して考えています」と口早に説明した。PDCAサイクルを知らなかった太田が「PDC…?」と聞き返すと、椎木さんは「Plan-Do-Check-Action」と流ちょうな英語でゆっくりと説明した。

しかし、この態度が気に入らなかったのか、太田は「ふざけんなよ、お前」と一喝。田中は「それはカットされないね」とやさしくフォローしたが、椎木さんが再度「Plan-Do-Check-Action」と話すと、太田は田中の頭を強く引っぱたきいら立ちをぶつけた。

PDCAサイクルとは、継続的に業務を改善するために、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)という4段階の活動を繰り返すことだ。主にビジネスの世界で用いられる。

椎木さんは、PDCAサイクルの意味について問われると「計画して、行動を起こして、チェックして、行動を起こすんです」と日本語で説明した。

だが、今度は医師でタレントの西川史子が「別に、計画して行動してってことでしょ?なんでそんな面倒くさいことを…」とチクリ。PDCAサイクルを自信たっぷりに説明していた椎木さんだったが、西川から指摘されると気まずそうな表情を浮かべていた。

【関連記事】
おのののか 現役女子高生社長・椎木里佳さんと真っ向対立
女子高生社長の椎木里佳さんが男性遍歴を告白 太田光は驚きでシドロモドロに
現役女子高生の岡本夏美 「日本の女子学生の13%が援助交際に関与」発言に不快感