インド人はナンを食べない? 「タモリ倶楽部」で衝撃の事実が明らかに

写真拡大

22日放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)で、インド人に関する驚きの事実が明らかとなった。

番組では、「インド人がマジリスペクト!! タンドール窯の父 高橋重雄」と題し、ナンを焼く壺形のオーブン「タンドール釜」を特集した。スピードワゴンの井戸田潤、小沢一敬がナビゲーターを務めた。

タンドール釜の生みの親は日本人の高橋重雄さん。今では日本インド料理店のほとんどが、タンドール釜を使用しているという。現在は高橋さんの甥・竹田伴康氏が神田川石材商工を営み、釜を製造している。

番組にはインドカレーファンに人気の日本インド料理店である「アジャンタ」社長のジェイ・ムールティ氏や「シターラ」総料理長のモハメッド・フセイン氏が招かれ、タンドール釜の歴史や高橋さんの思い出などを振り返っていった。

その中でムールティ氏が、高橋さんが釜を売り込みにやって来た当時を振り返っていたときだ。ムールティ氏が「うちは南インド料理なので、もともとタンドールというものがない」と話したところ、タモリが「ナンは、あまり食べない?」と尋ねた。

するとムールティ氏が「ナンは、インド人自体あまり食べない」と言い切ったのだ。まさかの発言に小沢が「え? え?」と驚き、井戸田も「マズいマズい。(企画が)根底から覆された」と呆然とした。

ムールティ氏によると、「日本に来て、初めてナンを食べたってインド人は、たくさんいます」という。この事態にスタッフからは笑いが起こり、井戸田は「えええ〜!?」と目を丸くしていた。

【関連記事】
タモリが華厳の滝の成り立ちを言い当てる 専門家も「学芸員ができる」 と称賛
タモリが自宅で「ランニングマン」に挑戦したことを告白「ヒザ蹴りになってた」
タモリ 井上陽水から不可解なメールが届くもその意図に納得