サラリーマンが投資で成功するための5つの心得
 95万世帯以上存在するという純金融資産総額1億円以上の富裕層。しかし、平均的なサラリーマンが年収をコツコツ金利の高い定期預金に回しても、仲間入りするには100年以上かかってしまう。当然投資が不可欠となるが……。

「サラリーマン投資家でも億超えを果たすことは不可能ではありません。自分はこのぐらいしか稼げないと枠にはめてしまう人は難しいでしょうね。成功している方は必ず夢を持って前進しています。そこにチャレンジする価値があると思えるかどうかが重要です」

 そう語るのは、富裕層はもちろん、2万世帯以上の家計を診断してきたファイナンシャルプランナーの藤川太氏だ。これまで多くの投資家を見てきた藤川氏だが、億超えを狙うにはいくつかの条件があるという。

「まずは無駄遣いせずに、そのカネを投資にまわすことです。ミリオネア投資家の特徴として、私生活ではほんの少し無駄遣いをしただけでも、ものすごく後悔するところが挙げられます。しかし、その一方で『投資では損をしても気にしない』というメンタリティを持ち合わせていますね」

 続いては投資のスタイルだ。

「大きく稼ぐならば、分散投資ではなく集中投資をすることです。そのうえで勝算のない勝負はしない。これは自分の経験と知識が上手く結びついていることが重要です。たまたま億超えを果たす人もいるにはいますが、その後市場で生き残れるかは別の話です。また、過去のデータや経営分析などをしっかり勉強すれば、自ずとリスク管理もできるようになります」

 こうして着実に足元を固めれば、不必要にリスクを恐れることもなくなる。

「一番大事なのは投資そのものを楽しむことですね。ミリオネア投資家のなかには、お金には執着しないという人も少なくありません。彼らは一度失敗しても、その悔しさをバネに分析力を鍛えられるほど投資が好きなんです」

 単純に金額だけを目標にしていては、常に学習を怠らないミリオネア投資家に打ち勝つのは難しいのだ。

「そうした部分をベースに、最終的には独自の投資法を生み出すことが億超えへの近道です。他人の真似をしていては短期で稼ぐことはできません」

◆億超え投資家になるための5か条

●私生活で無駄遣いはしない
●分散投資ではなく集中投資
●勝算のない勝負はしない
●リスクを恐れすぎない
●投資そのものを楽しむ

【藤川太氏】
家計の見直し相談センター代表。「日本中の家計を元気に!」が合言葉のファイナンシャルプランナー。2万世帯の家計を診断。著書に『やっぱりサラリーマンは2度破産する』など

― ミリオネア投資家の(秘)戦略 ―