コーヒーを1日に3〜5杯飲む人は早死の確率が低下 米ハーバード大学が研究

ざっくり言うと

  • ハーバード大学の研究チームが、コーヒーと死亡リスクの関係について発表
  • 1日に3〜5杯飲んでいる人は、心臓病などで早死にする確率が低くなるという
  • カフェイン入りとカフェイン抜きの両方に、この効果がみられたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング