森三中も原始人になってガブッ!マンガの“アノ骨付き肉”が食べられる期間限定カフェ
 原始人が自ら射止めたマンモスの肉を、両サイドからのぞく骨をつかんで豪快にかぶりつくシーンを見て、誰しも一度は食べてみたいと憧れたであろう“マンガの中の骨付き肉”。

 筆者も幼少期に「あれが食べたいっ」と母親にせがんで困らせた記憶があります。そんな幼きころの夢が、まさかアラフォーの今になって叶うとは……。

◆漫画の世界が現実に!?

 原始時代にタイムスリップすることもなく、フライドチキンで食べた気になるわけでもなく、正真正銘の“マンガに出てくる骨付き肉”が食べられる店が8月27日〜31日の期間限定で恵比寿にオープンしています。

 そこは、JR恵比寿駅から徒歩5分ほどのところにあるカフェ、「CAFE PARK」。恵比寿公園の近くです。

 自然素材を活かしたおしゃれな店内で、お茶はもちろん、お酒や旬の新鮮素材も楽しめる同店。この期間だけは、焼肉のタレでおなじみの「エバラ」とタッグを組み、原始人もびっくりの“骨付き肉”、その名も「黄金マンガ肉」を提供する「黄金マンガ肉カフェ」に変身しています。

 リアルな骨の「黄金マンガ肉」。

 エバラ「黄金の味」に漬け込んだひき肉で牛のあばら骨を包み、さらにその上から牛ばら肉を巻いて、旨みと肉汁を閉じ込めているという肉々しい一品。両サイドから突き出た骨が野性本能を刺激するワイルドなフォルムは、まさに憧れの「マンガ肉」そのもの!

 種類はCAFE PARKオリジナルの3テイスト。

 濃厚チーズとバジル風味のトマトソースが相性ばっちりの「とろけるチーズトマトソース」、さっぱり爽やかなあと口の「おろしポン酢」、豊富なスパイスの香りが食欲をそそる「チリビーンズ」の3種類から、お好みの味を選べます。どのテイストも、ランチセットなら「サラダ・ごはん・味噌汁・ドリンク」がついて1,000円(税抜)、ディナータイムは単品980円(税抜)での提供です。

◆気分はもう原始人

 長年憧れていた「マンガ肉」を目の前に、興奮が抑えきれない筆者。とはいえ、正直「食べにくそう……」というのが第一印象。でも、ここは「がぶっといくべきだ」という心の声に従い、一思いにかぶりつきっ!

 がぶっ。

 焼肉のタレに付け込んだという肉はかんたんに噛み切れるほど柔らかくしっとりとしていて、とても食べやすい。閉じ込められた肉汁がじゅわっとあふれ、噛むほどに肉の旨みが口の中に広がります。ほのかなたれの甘みと柔らかな食感で、ボリューミーなのに女性ひとりでもあっさり食べきれるほど、最後まで肉のクドさを感じませんでした。

 まずはそのままかぶりついて肉本来の旨みを堪能してから、ソースをつけて味の変化を楽しむのがおすすめです。

「黄金マンガ肉」の提供期間は専用のランチョンマットが用意されるほか、記念撮影スポットが店の前にあり、マンガ肉のオブジェや吹き出しを使って自由に写真撮影もできちゃいますよ。

◆肉(29)にちなんだ驚きのキャンペーン

 ちなみに、「黄金マンガ肉カフェ」は森三中の村上さんと黒沢さんが名誉店長。発売初日となる27日に、「黄金マンガ肉お披露目会&名誉店長就任式」が行われました。

「5個くらい食べられる!」と、名誉店長。

 骨を模ったネックレスがポイントの“おしゃれ原始人”スタイルで登場したおふたり。「黄金マンガ肉」を実食し、「顎関節症の私でも食べやすい柔らかさ(黒沢さん)」、「女子だからってナイフとフォークを使わずに、思い切りかぶりついて味わってほしい(村上さん)」と、店長らしいPRを行いました。

 さらに、8月29日を「焼肉の日」とし、28日〜30日の3日間のみ、ランチタイム限定で先着29名に「黄金マンガ肉」を29円(税込)で提供するとのこと!

 30円でお釣りがくるのに、たっぷり肉感と原始人並みのワイルド気分を味わえるチャンスです。

■「黄金マンガ肉カフェ」(CAFE PARK)
期間/8月27日(木)17:00〜8月31日(月)23:30
住所/渋谷区恵比寿西1‐21‐15 コンフォリア代官山 B1
電話番号/03‐6416‐0122
営業時間/11:30〜23:30
※8月29日は〜18:00まで、8月30日は〜15:00までの営業となります

<TEXT・PHOTO/千葉こころ>