宮根誠司氏

写真拡大

29日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で宮根誠司氏が、嵐の櫻井翔をベタ褒めする一幕があった。

番組では櫻井翔の父・桜井俊氏が総務省の新しい事務次官に就任することを取り上げ、桜井氏の人物像や年収について伝えた。

宮根氏は桜井氏について「もっと早く(事務次官に)なってもいいと言われていた方なんですよね」と紹介し「しかしまあ、すごい家やね」「家に帰ったら嵐の櫻井翔君がいてるわけでしょ」と驚いた。

さらに宮根氏は「東大法学部を出て官僚のトップに行こうとしている人(桜井氏)が、翔君がアイドルになるっていったときに『よし、頑張れ』って言ったお父さん(桜井氏)がすごくない?」と親子の関係性についてコメントした。

一方で、コメンテーターの優木まおみは「しつけは厳しかったという逸話が残っていて、嵐として人気のときも電車でちゃんと通うようにと教えられて、大学も電車で通われていたという話も聞きます」と、親子の軽いノリと受け取られそうな宮根氏のコメントに対して補足した。

ところが、桜井(櫻井)親子に感心しきりの宮根氏は「そらやっぱり、(櫻井翔は)もうZERO(NEWS ZERO)なんか朝飯前やわな」と語って笑いを誘った。

なお、「news every.」(日本テレビ系)のキャスターを務めるNEWSの小山慶一郎は、櫻井から「キャスターの心構え」についてアドバイス受けたことを明かしており、櫻井自身もキャスターとして不快に思われないよう努力しているようだ。

【関連記事】
小倉智昭氏が櫻井翔の父をめぐる報道の仕方に不快感あらわ「気の毒」
狩野英孝が「VS嵐」でお祓いするもチームは惨敗 「疫病神を連れてきた」
有吉弘行がゲストの櫻井翔を呼び捨てし続けるも失敗して謝罪