17日放送の「モーニングバード」(テレビ朝日系)で長嶋一茂の発言に、出演者が総ツッコミを入れる一幕があった。

番組では、フィギュアスケート世界国別対抗戦のショートプログラムで、今季自己ベストとなる96.27点をマークして1位となった羽生結弦選手を取り上げた。

スタジオでは、コメンテーターの長嶋が、羽生選手の演技ミスを「王者のミス」と形容するなど羽生選手の演技について熱弁を披露した。

さらに長嶋は「今日はもうフリーでねえ、105点取るんじゃないかな」と、期待を込めて語ったが、すぐさま赤江珠緒アナウンサーが「また(フリーは)得点が違ってきますからね」と指摘、進行の小松靖アナウンサーも「フリーは換算の仕方が違いますけど」と訂正、さらに羽鳥慎一アナウンサーも「もっと取ります」とツッコミを入れた。

ちなみに、スタジオには羽生選手のこれまでの大会の得点をまとめたボードも用意されており、ショートとフリーに分けられた得点で、フリーは151点台〜194点台までの点数がずらっと並んでいた。

長嶋もそのボードに目を向けてはいたようだが、総ツッコミを食らったあと「あ、そうなの?」と返答し、なぜ105点と言ったのかを説明し始めた。

長嶋によれば、ソチ・オリンピック直前に同番組で点数を予想した際、自身は105点と予想し、ほかの出演者から「100点満点で105点はあり得ない」と指摘されたことを語った。

長嶋氏は、この件について「根に持っている」「それで(羽生選手は)101点取ったでしょ! だから今、また105点って言ったんです」と声を張って不思議な主張をした。

すると長嶋の隣の席に座っていた吉永みち子氏が「今度は(フリーの演技だから)105点じゃ少なすぎるよね?ダメだよ」と冷静なツッコミを入れ、羽鳥アナも「それじゃダメなんですよ。105じゃ少ないんです」と、なだめるような口調で長嶋にツッコミを入れた。

これに対して、長嶋氏は「300点ぐらいだね。もういいです」と不貞腐れた様子で返答し失笑を買ってしまった。

【関連記事】
長嶋一茂が「ワイドナショー」で古市憲寿氏と険悪なムードに 土田晃之は「つまんない、今日。ギスギスして!」
佐々木恭子アナウンサーが長嶋一茂の名前を「果実屋さん」風に言い間違えるハプニング
長嶋一茂が超高級マンションをレポート 浜田雅功は「落書きすんのかなと思った」