染谷将太

写真拡大

13日放送のバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、俳優の染谷将太が、趣味の大日本プロレス観戦について熱く語る一幕があった。

番組では、ゲストである染谷のプライベートの素顔に迫った。染谷は、7歳で子役として芸能界入りし、映画「ヒミズ」ではベネチア国際映画祭新人俳優賞を日本人で初めて受賞。22歳にして出演映画本数は50本以上という、若手実力派俳優である。

そんな染谷の趣味は、大日本プロレスの観戦だそう。大日本プロレスとは、派手なデスマッチを特徴としているプロレス団体で、画鋲をリング上にまいた状態での試合や、蛍光灯で殴りあうなどの激しい試合を行うこともあるという。染谷は試合の内容について「(選手が)血まみれになる」と説明している。

染谷は中でも、葛西純選手の大ファンなのだとか。葛西選手はプロレス界きってのハードコアレスラーで、過激なパフォーマンスでカルト的人気を誇っている。現在はプロレスリングFREEDOMSに所属しており、染谷も試合をたびたび観戦しているそう。

また、染谷が有田を相手にプロレス対決を行う場面では、葛西選手の得意技「パールハーバースプラッシュ」を披露。染谷は有田を押し倒したのち、椅子をコーナーポストに見立て、その上に立ちあがり「シェー!」と声をあげながら飛び降りたのだ。そして横たわった有田に覆いかぶさり、そのまま押さえつけて3カウントを奪った。

染谷の勝利にスタジオからは歓声と拍手がわき起こり、また、染谷の意外な一面にしゃべくりメンバーは驚きの表情を浮かべていた。

【関連記事】
及川光博の意外な過去にスタジオ騒然「全国模試で1位になった」
くりぃむしちゅー・上田晋也が苦言 具志堅用高とノッチの醜態に「こんなひどいVTR見たことない」
くりぃむしちゅー上田晋也、妻との普段のやり取りを明かす 呼び方は「『おい』とか『お前』」