【AFP=時事】スイス・ジュネーブの国連人権理事会(UN Human Rights Council)で12日、アフガニスタンの女性・少女の人権をめぐる特別会合が開かれた。出席者は、同国で昨年8月にイスラム主義組織タリバン(Taliban)が実権を握って以降、「性別によるアパルトヘイト(分離)」が広がっているなどとして、国際社会に一致した対応を訴えた。ジャーナリストで人権活動家のマブバ・サラジャ(Mahbouba Seraj)氏は「今日、アフガニ