【ワシントン=蒔田一彦】2022年に開かれる北京冬季五輪への参加の是非を巡る議論が米国内で活発になっている。新疆ウイグル自治区の人権問題などを巡る中国への反発から、米議会にもボイコットを求める声がある。米国務省のネッド・プライス報道官は6日の記者会見で、ボイコットの可能性を同盟国と協議しているかどうかを尋ねられ、「議論したいことだ」と応じた。人権問題を含め、中国に関するあらゆる懸案事項について