インド南部のケーララ州に、地元ではよく知られたホームレスのアーティストがいる。彼は草の葉や土、炭などを絵の具にして、街中のコンクリートの壁に見事な絵を描いてしまう。自然物を使ってケーララ州コッラム市の住人たちは、彼をRajuと呼んでいるが、本名は誰も知らない。薄汚れた服と伸び放題の髭は、市内にいる他の路上生活者たちと同じだが、このRajuさんには稀有な芸術的才能がある。汚れていないコンクリートの壁があれば