京大iPS細胞研究所のウェブページに掲載されている、山中伸弥所長のコメントプレジデントオンライン

論文不正は「研究者の薄給」を放置したツケか 動機にクビへの焦り

ざっくり言うと

  • 京都大のiPS論文捏造は、研究者の期限付き雇用に問題があるという
  • 多くの大学は、賃金が安い有期雇用契約の研究者への依存度が高いと筆者
  • 研究者は期限が切れる前に成果を出そうと焦り、不正に走ると推測している

ランキング