20日、米オンラインメディア「Kotaku」は、ディズニー映画「ベイマックス」が韓国で物議を醸していると報じ、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2015年1月20日、米オンラインメディア「Kotaku」は19日、ディズニー映画「ベイマックス」が韓国で物議を醸していると報じ、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

【その他の写真】

記事では、韓国メディア・Money Todayの報道を引用する形で、韓国のネットユーザーの間では、映画の中に旭日旗が登場するとして論争になっていると伝えている。記事では、日本では宗教的にも文化的にも太陽が重要と考えられていると述べ、初日の出は1年の中でも大切な行事とされていると伝えている。第2次世界大戦で日本軍が旭日旗を掲げていたことから、韓国では旭日旗が不快なものとしてとらえられていると報じている。また、同作品が韓国で上映される際には、旭日旗や日本語などの日本に関する要素が削除されるとも伝えている。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「パリで起こったテロ事件から私たちが何かを学んだとするなら、もっと気楽に物事をとらえるべきだということだと思う。この映画は米国の映画製作会社による子ども向けの作品で、日本と韓国の文化についてはほとんど知識もなく製作されたものだ。旗のせいで不快な気分になるべきじゃない。米国でも旭日旗に関する問題が起きていることも聞いているが、ただの布きれに過ぎない」

「旗そのものが問題というよりは、その背景にある歴史が問題なんだ。ナチスの旗を見た時に、その色やデザイン自体ではなく、ナチスドイツが行った虐殺行為を支持するものとしてとらえられるから、気分を害する人がいるというのと同じことだ」

「恨みに聞こえるね。もう気持ちを切り替えるべき時だ」

「みんな、何十年も前のことで感情を害するのはやめるべきだ。私はポーランド人だが、ナチスドイツのシンボルを見て、感情を害したりはしない。私はシンボルを見ても腹を立てたりせずに、戦争がいかに暗黒なところまで行き着くか、そして人間がどれほど残酷になれるものなのかということを思い起こすんだ」

「芸術作品に対する検閲行為の方が、不愉快なことだと思う」

「私が12歳の時の話だが、学校に日本人の男の子が1人いて、日本人だからという理由だけで大勢の韓国人と中国人にいじめられていた。私がいじめっ子たちにどういうことなのかと尋ねたら、日本人は第2次世界大戦で神風特攻隊だったと答えたんだ。私は『彼が戦闘機に乗れると思うか?』と言い返した。いじめられていた日本人は小柄でとても弱虫なタイプだった。私の言葉を聞いて、いじめっ子たちは笑って、それ以来、日本人をいじめることをやめた。韓国や中国では、反日思想が教えられているに違いない」

「広島と長崎に原爆を投下されたからと言って、日本が米国の国旗を不快なものだととらえるということに置き換えられるよね?韓国の考え方には全く賛成できない」

「韓国人は日本軍に関することにはとても神経質になる」

「なんてことだ。ささいなことに腹を立てる人たちがいるということに、うんざりするよ」(翻訳・編集/Yasuda)