始球式に招かれた日本の森美樹夫NY総領事にマウンドを譲らなかったメッツのマックス・シャーザー投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 とりあえず一応の落着となった。現地時間の5月13日に行われたMLBのニューヨーク・メッツ対シアトル・マリナーズ戦の試合前イベント「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」で起こった不祥事だ。

 この試合はメッツ本拠地のシティーフィールドで行われたが、プレーボール前の始球式を行う予定だった在ニューヨーク日本国領事館の森美樹夫総領事がマウンドまで歩み寄っていたにもかかわらず登板できないという前代未聞のハプニングが発生。これについてメッツ側が20日付でMLB公式サイトに謝罪する声明文を掲載した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

もしかして「仕方なく」の謝罪?

「Mets statement」と題した文面の中で同球団は森総領事に「不快な思いをさせてしまったことを心から深くお詫び申し上げます」と陳謝。続けて「我々はタイミングとプロセスのミスコミュニケーションによって問題が生じたことに全ての責任を負い、総領事とゲストに将来のゲームでセレモニアルピッチ(始球式)の機会を作って戻ってきていただけることを望みます」ともつづった。

 しかしながら、これで幕引きとなるのは腑に落ちない。一連の騒動が起こってからメッツ側が謝罪文を掲載したのは1週間後のこと。本来ならばもっと迅速な対応を取るべきであり、ここまで時間を要することが理解できない。米国が簡単に謝罪しないお国柄であることは承知しているが、それとこれとは別問題だ。

 今回の一件はどのような観点から見ても、メッツ側に非がある。それがグダグダと引っ張られた挙げ句、遅ればせながら僅か数行足らずの謝罪文掲載でアッサリと終わらせられてしまうのは同じ日本人として非常に悔しくてならない。

 メッツ側には当初、そこまで大きな問題になるとは思っていなかったフシも感じられる。日本の人たちを中心にネットやSNS上で凄まじい批判の声が沸き起こり、米主要メディアからも非難が集中。さすがにメッツは何もしないままフェードアウトするわけにもいかなくなり、ようやく重い腰を上げたように思えなくもない。これはあくまでも推論の域を出ない見立てだが、そう邪推されても致し方ないだろう。

国際問題になりかねないほどの非礼

 ちなみに、森総領事の始球式中止を招いた“犯人”であるはずのメッツ右腕マックス・シャーザー投手に対する責任追及の声はナゼか驚くほどに日米メディアの間で報じられていない。

 確かに騒動が起こった13日の試合当日のニューヨークは荒天のためプレーボールが遅延される見込みとなっていたものの、雨脚が弱くなったことで急遽予定通りに行われることになり、両軍の選手たちやスタッフ、関係者は大慌てで試合準備を進めていた。

 だが、そういう事情を差し置いてもシャーザーがマウンドの左横にいる森総領事の存在を“完全無視”するかのようにトマス・ニド捕手の構えるミットめがけ、黙々と投球練習を行う姿は明らかに異様そのものの光景だった。シャーザーはもちろんのこと、バッテリーを組むニドも森総領事の存在に気付いていたはずだ。

 どうしていいのか分からず困り果てて立ち尽くす森総領事が一塁側のファウルゾーンにいたメッツ関係者と思われるスタッフから引き返して来るように促され、そそくさと戻っていく様子は本当に哀れで気の毒でしかなかった。明らかにシカトを決め込んでいたシャーザーは侮辱行為を働いたとみなされても、やむを得ない。

 この日、現地で試合中継を行っていた米国の放送局のアナウンサーと解説者が森総領事に関し「エリアに入れない」ことを放送中に笑い飛ばす映像も確認できた。何だか、世界における今の日本の立ち位置を表しているように感じられたのは筆者だけではあるまい。

 森総領事は日本国を代表する政府の要人だ。蒸し返して別に事を荒立てたいわけではないが、これは一歩間違えば国際問題に発展しても全く不思議ではない。

「そんな大げさな」と一笑に付す平和主義者の人には、ぜひとも逆のケースを考えてもらいたい。もしも日本プロ野球の試合で米国の政府要人を始球式に招いておきながら、今回のケースと同じような非礼極まりない不祥事を引き起こすようなことがあったとしたらほぼ間違いなく米国政府から猛抗議を受けるだろう。米国だけでなく他の国であったとしてもほぼ同じことが起こるとみていい。

なぜ”非礼”の張本人シャーザーを擁護

 ところが、こんな重大な案件にもかかわらず、当のシャーザーを擁護する関係者も少なくないようである。

 シャーザーをかばう一部の有識者やファンの間からは「シャーザーはスイッチが入ると集中し、周りが見えなくなってしまう」「闘争心をむき出しにするシャーザーにとってプレーボール直前の投球練習は貴重なルーチンワークであり、誰にも邪魔をされたくない」などといった指摘が出ている。一部の有名メジャーリーガーもSNS上でシャーザーの行為を「仕方がない」というトーンでフォローしていた。

 前出の謝罪声明文で「タイミングとプロセスのミスコミュニケーション」があったことを認めたメッツに最も非があるのは明白だ。それでも、たとえスイッチが入ると集中するタイプであろうが、ルーチンワークであろうが何であろうが、気付いているはずのゲストをスルーすることが「仕方がない」の一言で許されるわけがない。だからこそ公式の場でシャーザーは筋を通し、謝罪すべきだと思う。

 報じられることは皆無に等しいとはいえ、水面下ではメッツだけでなくシャーザーにも厳しい目が注がれ始めているという。

球団側も放任せざるを得ないシャーザー

 MLB関係者はメッツとシャーザーの“微妙な関係”も交えながら次のように明かす。

「過去にサイ・ヤング賞に3度輝いた経歴を持つシャーザーに球団側は過剰なまでに気を使い過ぎている。要は“何も言えない”というのが現状。GMらフロントの幹部クラスならまだしも、このようなセレモニアルピッチのイベントを取り仕切る運営セクションの関係スタッフならば、なおさらだ。それが今回の問題を引き起こした最大の要因だろう。

 加えてメッツ側はシャーザーを事実上放任しているのだろう。今回の一件でその構図が露見・問題化することを恐れて、謝罪せずにそのまま事象を風化させようと画策したことが裏目に出てしまったのでは、との見方もある。

 一方でシャーザーもかねて気難しい性格の持ち主であることからチーム内では“スプーキー”(不気味)と陰口を叩かれ、距離を置く選手も少なからずいた。そうした流れの中でくだんの問題を引き起こしただけでなく、次の登板となった18日のカージナルス戦のマウンドでは左脇腹を痛めて途中降板となり、最大で約2カ月の長期離脱となる見通しとなった。日本の風習になぞらえ、チーム内や周辺からはシャーザーに『Bad Karma(天罰)が下ったのではないか』と皮肉めいた言葉まで向けられている」

 最後にもう一度繰り返すが、メッツが手短に謝罪したから「一件落着」というのは日本が舐められているようでやっぱり納得し難い。

筆者:臼北 信行