Image: Shutterstock

最近は、動画や映画を倍速再生したり、音楽のイントロをスキップする人が増えているみたい。

このニーズは高まっているのか、YouTubeにも「動画の見せ場」を教える新機能が導入されたんですって。

スライダーに表示される

The Vergeによると、「見せ場」は再生スライダーにグラフ状に表示されるそう(筆者のYouTubeではまだ確認できませんでした)。手っ取り早く見せ場だけを見たい人は、そこまでスキップすればいいようです。ダブルタップで10秒巻き戻し/早回しも可能になったみたいですよ。

YouTube Premium会員でテストしてた

この機能は、YouTube Premiumの会員が新機能を試すページで去年10月ごろから使えていたものでした。それが、ウェブ版/アプリ版ともに一般向けにロールアウトされたそう。

クリエーターのプレッシャーに?

動画を早送りして効率よく視聴できる一方で、クリエーターの負担になるのでは、という懸念も出てこないでしょうか。

表示される「見せ場」は、最もよく再生された部分を意味しています。クリエーターからしてみれば、視聴者が求めているものが一目でわかるようになってしまうので、それ以外の部分をカットしなくては、という意識になってもおかしくありません。

筆者は本編に入る前の小話などが好きだったりするので、「研ぎ澄まされすぎた」動画ばかりになる心配もあったりして。

でもまぁ、これが昨今のニーズなのでしょうね。

Source: The Verge