週55時間超の労働で「脳卒中リスク」が1.35倍に WHOが発表

ざっくり言うと

  • WHOなどが17日、長時間労働の健康リスクについて世界的な調査結果を発表
  • 2016年には週に55時間以上働いた約75万人が脳卒中などで死亡したとみられる
  • 週に40時間ほど働く人に比べ、脳卒中のリスクは1.35倍になると推定している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x