ミスター75キロ超級ファイナル、フリーポーズをとるなかやまきんに君

写真拡大

 お笑い芸人・なかやまきんに君(42)が3日、都内で行われた「第29回東京ノービスボディビル選手権大会」に出場し、ミスター75キロ超級で初優勝を果たした。

 きんに君は2015年から同大会に出場していたが、最高2位と優勝にあと一歩届かず。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響が大会が中止となっていたため、前日は自身のインスタグラムで「#2年分の成果を出せるように #ベストを尽くします」と意気込んでいた。

 前回は75キロ級での出場だったが、今回は75キロ超級に初挑戦。階級変更の理由は「トレーニングして体が大きくなって体重も増えたから」と話し、コロナ禍で大会開催が不透明だったことにも「精神的に影響を受けなかった」と自信を持って本番に臨んだことを明かした。

 75キロ超級には16人が出場。予選を勝ち抜き、6人で争う決勝では「Hardwell & KSHMR」の曲「Power」に合わせて1分間のフリーポーズを披露した。自身のネタでも使用しているボン・ジョヴィ「It’s My Life」から変更した“新曲”で、無観客開催のためYouTubeで中継を見守ったファンは騒然。きんに君は“This is power”の歌詞に合わせて、力強いポーズを次々に披露した。

 優勝決定の瞬間、両手を突き上げて喜びを表現したきんに君は「優勝するためには曲も階級も変えていかないと」と階級と曲を変更した理由を説明し、「なかなか優勝できない悔しさがあったが、初めて優勝できた。自分の体を大きくして階級も上げたうえで優勝できてうれしい。“これが優勝か!”という気持ちになった」と喜び。「無観客で寂しかったけど、(優勝という結果で)ファンの方を後押しできたら」と話していた。