パパ活斡旋LINEはどう行われる?(写真はイメージ)

写真拡大

 男性とのデートの見返りに金銭を受け取る「パパ活」。この言葉が生まれた2015年頃とは変わって、いまでは一歩進んだ“大人の関係”を伴うデートも「パパ活」と呼ばれるようになった。

 女性たちがパパを見つける手段のひとつが、グループLINEだ。本誌・週刊ポストは、とあるパパ活斡旋グループの実際のLINE画面を入手した。参加人数は、登録数上限となる500人。満員御礼状態の登録者は、全員女性だ。この中には“パパ活女子”と、男性との仲介役を担う“斡旋女子”の双方が含まれる。

 投稿は主に“斡旋女子”によるもの。性行為なしの食事、お茶を意味する「p(パパ)案件」や、肉体関係を持つ「オトナ」といった隠語が飛び交い、金額、日時や場所を提示。条件が合うパパ活女子に対して、「個別にLINEをください」と呼びかけている。自らもパパ活をしながら、グループLINEで募集した女性をパパに紹介もしているSさん(28)はこう打ち明ける。

「こういうグループは無数にありますね。私自身、パパと交流するうちに“こんな女の子を紹介してほしい”と頼まれるようになった。自分の知人でその条件に当てはまる女性がいる場合は直接紹介しますが、該当者がいない場合に、不特定多数の女の子に募集をかけられるLINEのグループはうってつけ。パパ活女子は、どんどん知人の女の子をグループに招待してくれるので、すぐに500人規模に到達します」

 LINEで発信した条件に合う女性が見つかると、いよいよパパに仲介する。

「LINEアカウントをお互いに教えることが多いですが、稀にお見合いに立ち会うこともあります。そんな時はお手当をいただいて、パパにも女性にも感謝されることが多いので、やりがいを感じています」

“パパ”を斡旋する女性の存在は、人気ミステリー作品にも登場している。映画化された「スマホを落としただけなのに」シリーズの志駕晃氏の新刊『彼女のスマホがつながらない』(小学館)では、お嬢様女子大生がパパ活に翻弄されて殺害される平成30年と、週刊誌編集者が事件を追う令和2年が同時並行で描かれるが、女子大生にパパを斡旋していたブローカーの早坂翠が事件の鍵を握る。

 志駕氏が女性の貧困問題に関心を持ち、多くのパパ活女子に取材して書き上げた渾身の作だけに、リアリティにあふれている。

取材・文/河合桃子 モデル/辻さくら 撮影/井上たろう

※週刊ポスト2021年4月30日号