風呂に入って「浴室熱中症」で死ぬ人続出 ぬるいお湯でも注意

ざっくり言うと

  • 冬の風呂での死亡事故原因は「熱中症」だとの説について、週刊現代が伝えた
  • 体温が40度以上になり、浴槽の中で意識を失って溺死するケースがあるという
  • ぬるま湯(39〜40度)であっても、長時間の入浴には注意が必要とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x