宿泊予約の無断キャンセルを繰り返し、国の観光事業支援策「GoToトラベル」の地域共通クーポンおよそ54万円分をだまし取ったとして男が逮捕された。

 相田卓也容疑者(30)は先月、「GoToトラベル」を利用し、都内のホテルに複数回うその宿泊予約をして地域共通クーポンおよそ54万円分をだまし取った疑いがもたれている。

 警視庁によると、相田容疑者は旅行サイトを通じて1週間以上の宿泊予約をし、無断キャンセルを繰り返していた。クーポンの電子版は宿泊当日の午後3時以降、チェックイン前でも取得できるようになっていて、相田容疑者は宿泊せずにクーポンを取得しゲームソフトなどを購入していた。

 取り調べに対し「SNSに情報が出ていて参考にした」と容疑を認めている。(ANNニュース)