行方が分からなくなっていた湯沢市の男性がきのう川の中から遺体となって見つかりました。男性はキノコ採りにでかけていたとみられます。

湯沢警察署によりますときのう午後1時すぎ湯沢市関口の県道わきの戸沢川の中で市内の片倉稔さん(66)が死亡しているのを捜索中の警察官が見つけました。遺体に目立った外傷などはなく近くに片倉さんが使っていた自転車や採ったキノコが落ちていました。おととい1人暮らしの片倉さんの家に新聞がたまっているのを不審に思った配達員が警察に連絡し、親族が警察に行方不明届けを出していました。

警察は片倉さんがキノコ採りにきて誤って川に転落したとみて死因などを調べています。