小出恵介と明石家さんま(@kaykoideより)

写真拡大

《絶対に批判はされると思っています。自分が無傷のまま復活できるなんて思っていません。そこは覚悟していて、自分としてはもう、批判は受け止めるべきものだと思っています》

【写真】在米中の小出恵介のインスタにあの“訳あり”ジャニーズが登場

 『婦人公論』10月13日号にて、小出恵介の芸能界復帰に向けた決意の「独占告白」が掲載された。その中で“あの事件”に触れられると、冒頭の覚悟を口にしてみせたのだった。

「人気俳優のスキャンダルを『フライデー』が報じたのは2017年6月のこと。小出が大阪のバーで知り合った未成年女性と飲酒し、年齢を知りながらもホテルに連れ出して不適切行為に及んだというのです。その後、女性側と示談が成立。条例違反による書類送検を経て不起訴処分となりました。

 著しくタレントイメージを落とした小出は無期限活動停止処分を受け、翌年の6月に所属事務所との契約が終了。実質的な芸能界引退に追い込まれたのです」(ワイドショースタッフ)

 その後の小出は就労ビザを取得してアメリカに渡り、英語学校に通いつつ現地で俳優業を継続。そして2020年9月、全編英語のミュージカルに唯一の日本人キャストとして舞台に立つはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止に。

元ジャニーズの事務所社長

 そんな手詰まり状態だった8月に、ついに日本の芸能事務所と契約したことで新たな道が開けたのだった。

「彼を“拾った”のは、MISIAを中心としたアーティストが多く所属する『リズメディア』で、最近はタレントの育成にも力を入れています。そしてMISIAを見出し、育てた谷川寛人社長は実は、中居正広や木村拓哉の1つ上、城島茂や坂本昌行と同学年の元ジャニーズ。当然ながらイケメンで、かつて女優の釈由美子と交際していた時期もあるようです。

 なので、派手な印象を受けますが、普段は寡(か)黙で、情に厚く人望もある男前な人物。またジャニーズ脱退後はアメリカに渡り、帰国後は芸能プロ社員を経て20代半ばで現事務所を設立した苦労人でもあります」(芸能プロ関係者)

 そんな谷川氏と小出を結びつけたというのが、明石家さんまだ。冒頭のインタビューでも、

《騒動の直後に震えながらお詫びの電話を入れたら、「大丈夫、大丈夫」と励ましてくださって。さんまさんの声を聞いた瞬間、ただただ涙が溢れて、あとはもう言葉にならなかった》

 昨年には、さんまがニューヨークにいる小出を突然の訪問。一緒に舞台を見て食事をしたり、またニューヨークでの人脈作りの手助けもしたようだ。

 2018年7月に『Netflix』で配信されたオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』。ジミー大西(中尾明慶が演じた)をモデルにした、さんまが企画・プロデュースを務めた作品で、当初のさんま役を演じていたのが小出だった。

「本来は2017年7月の放送予定でしたが、主要キャストである小出のスキャンダルにより80パーセント以上を撮り直す事態に。玉山鉄二を代役に立てて、1年越しの公開となったのです。さんまさんは撮り直しに“ホンマ、アホみたいな話や”と苦笑いする一方で、スタッフに“ほんで、小出は大丈夫なんか?”と気にかけていたそうです」(ドラマスタッフ)

 この『Jimmy』の主題歌を歌ったのがMISIA。さんまを中心とした縁が、小出の復帰につながったようだ。

「谷川社長は、小出君の前事務所社長に挨拶に出向き“預からせてください”と筋を通したと言います。もともと小出君は頭もいいし、礼儀正しい子。ところが、いつからかお酒に溺れるようになり、夜の街で知り合った連中がついて回るようになった。そんな環境が件のスキャンダルを作ったのでしょう。

 アメリカ留学では自分を見つめ直す期間になり、疎遠になっていたという小栗旬とも再会していますね。小栗は他の俳優仲間を集めて、小出君を“よくがんばった、おかえり”と涙を流しながら迎えたそうです。今は頭を下げて各所を周り、役者として一から出直す覚悟で臨んでいます」(前出・芸能プロ関係者)

“ハニートラップ”が疑われた

 では、小出は以前のように俳優として完全復活することができるのだろうか。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は「すぐに以前と同じ、というわけにはいかないでしょうが」と前置きしながらも、

「彼の場合、世間的にもいくらか同情されている部分もあると思います。というのも、当初は“女子高生”と称されていた未成年女性ですが、後にシングルマザーだったことが明らかになりました。そして彼を取り巻いていた背景も見え始めると“ハニートラップ”だったのではないか、という見方もされたのです。もちろん、小出さんが結果的に行為をしたことには変わりないのですが」

 小出の不適切行為が明るみに出た『フライデー』報道後、インターネット上では被害にあった女性の“素性”が暴かれていった。すると『週刊文春』で当の本人がインタビューに応じて「1人で考えて行動した」と“黒幕説”を否定し、一方で「小遣い稼ぎになると思った」「(小出から)200万円を受け取ることを約束した」などと金銭のやり取りの話があったことも明かしたのだ。

「7月には映画の撮影に参加したと聞きますから、スポンサーの意向が大きく反映されるテレビドラマへの出演は、復帰後の世間の反応を見てからになるでしょう。確かに当時、驕(おご)りがあったとは思いますが、そもそも評判は業界内でも悪くはないんですね。今回のことでしっかり反省をしているのなら、手を差し伸べる人は少なくはないと思います」(佐々木氏)

 谷川社長に小栗、そしてさんまも、そんな小出を助けたい1人だったのだろう。2021年には、わずかな出演時間ながらも映画『女たち』が公開され、同年10月には埼玉県内にできた新劇場のこけら落とし公演となる『群盗』での主演が決定している。同舞台のプロデュース・演出を手がけるのは小栗の兄・了だ。

「芸は身を助ける」というが、身を助けるのは「縁」なのかも。