Google Pixel 4a 5G発表。「ほとんど Pixel 5」で6万円台の高コスパ5Gスマホ
Google

10月1日開催のオンラインイベントで、 Google はスマートフォンの最新モデル pixel 5 と Pixel 4a 5Gを発表しました。

Pixel 4a 5Gは、販売中の Pixel 4a の5G通信対応モデル。しかし中身もカメラ構成も本体サイズも Pixel 4aとは大きく変わり、むしろフラッグシップの Pixel 5 に近くなっています。

Pixel 4a 5G の主な仕様は、6.2インチ 2340 x 1080 FHD+ 有機ELディスプレイ(HDR対応、コントラスト比100万:1以上、常時表示対応)、Qualcomm Snapdragon 765Gプロセッサ、6GB RAM、128GBストレージ、3885mAhバッテリー。

Pixel 4a は5.8インチ画面でしたが、4a 5Gは解像度そのまま6.2インチに大型化しています。今年の Pixel 5は6インチの1機種だけでXLがないため、対角で7mmだけの差とはいえ、Pixel 4a 5Gがラインナップでもっとも大きな画面ということになります。

プロセッサの Snapdragon 765Gは、上位の Pixel 5と同じ。RAMの量が違いです(Pixel 5は8GB、4a 5Gは6GB)。

カメラは12.2メガピクセル、F1.7、デュアルピクセルAF、画素サイズ1.4μm 視野77度のメインと、16メガピクセル超広角のデュアル構成。センサやレンズ含めて、上位の Pixel 5と共通です。

Pixel 4a は背面シングルカメラだったので、ここでもPixel 4aのバリエーションというより5Gに近い仕様。

そのほか背面指紋センサ、Pixel 5にはない3.5mmイヤホンジャックなど。

Pixel 5との違いは、本体がポリカーボネート樹脂製であること、防水ではないこと、ワイヤレス逆充電(給電)に対応しないことなど。

Google は上位モデルの Pixel 5でも、他社のハイエンドと競わずメインストームに向けた「ミッドレンジの良いやつ」志向ですが、Pixel 4a 5G はそれをさらに進めた万人向け必要十分以上モデル的な位置づけです。

Google Pixel 5正式発表、「究極の5Gスマートフォン」。中身は「中の上」でメインストリーム志向

Google Pixel 4a (5g) 必要な機能がつまった Google の 5G 対応スマートフォン - Google ストア