この6月に結婚したばかりの三浦祐太朗

写真拡大

《男には見えないことの一つに、家庭内の女女問題がある》とは、人工知能学者の黒川伊保子氏の大ベストセラー『妻のトリセツ』(講談社)の一節だ。しかし、ある夫婦とその家族には、そんな問題などどこ吹く風に見える。ある夫婦とは、三浦祐太朗(36才)と声優の牧野由依(34才)。6月に結婚したばかりの新婚カップルだ。言うまでもなく、祐太朗は三浦友和(68才)と百恵さん(61才)の長男である。

【写真】日差しの中、さっそうと歩くピンクマスク姿の三浦百恵さん

 8月の終わり、祐太朗が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、全国に喜びを報告した。黒柳徹子(87才)に水を向けられるままに、結婚に至るまでを語る祐太朗は、幸せそのものだった。

「終始笑顔の祐太朗さんは、テレビで結婚の話を最初にするのはこの番組と決めていたようで、徹子さんはそのことをとても喜んでいました。なんせ彼の大ファンですからね(笑い)。祐太朗さんは妻を“すごく人気のある声優さん”“大人気のキャラクターをやっている”とべた褒め。友和・百恵さん夫妻は祐太朗さんの結婚を半ば諦めていたという秘話も明かしていました」(テレビ局関係者)

 祐太朗が熱心なアニメファンであることは関係者の間でよく知られている。失恋をした際に、知人からすすめられたアニメにすっかりはまってしまったのだ。

「好きな女性キャラクターの等身大パネルを自室に飾り、帰宅すると『ただいま』と声をかけるような、いわゆる“ガチオタ”。そんななか、2015年に自身のラジオ番組で共演したのが人気声優の牧野さんだったのです」(前出・テレビ局関係者)

 祐太朗は今年の3月上旬、牧野を両親に初めて紹介。そのとき、友和・百恵さん夫妻は自宅の庭でバーベキューをして、もてなしたという。

「改まって食事に出かけると緊張してしまうだろうという、友和さんの配慮だったようです。それが功を奏して、祐太朗さんも、牧野さんとの結婚を考えていることをすんなり報告できたんだとか。そのことをふたりに感謝しているとも言っていました」(前出・テレビ局関係者)

 その両親の結婚は、いまだに人々の間で語り草になっている。押しも押されもせぬトップアイドルが、何度も共演してきた人気俳優と結婚し、21才の若さで電撃引退。その後はたった一度も表舞台に立つことなく、家の中で夫を支え、2人の息子を育ててきた。一方で、牧野は結婚後も仕事を続けていくことを表明している。専業主婦の姑と兼業主婦の嫁。いまどきの家庭でよく見られる構図が、三浦家にも描かれたことになる。ちなみに、祐太朗が理想とする夫婦の姿は、両親だ。

「『徹子の部屋』で祐太朗さんは“ああいう夫婦を目指したい”と語っていました。ただ、百恵さんは結婚当時、“仕事を続けていたら自己嫌悪になってしまう”と意志が固かった人。時代の違いはあるのでしょうね」(別のテレビ局関係者)

 確かに一見、百恵さんと牧野は別の選択をした。しかし、結婚後、自分はどうありたいかを自分で決めたという点では同じといえるのではないか。

「百恵さんと牧野さんはLINEを交換していて、2人だけでやり取りをすることもあるなど、確かに仲はよさそう。ただ、牧野さんとしてはちょっと気を使ってしまう部分もあると思います。初対面でバーベキューというのも、プレッシャーを感じていそうです」(芸能関係者)

 冒頭の『妻のトリセツ』では、義理の家族と過ごす妻の心境をこう綴っている。

《共働きの妻は、盆暮れなどのまとまった休みは、家族水入らずゆっくり過ごしたいというのが本音だ。夫にとっては気の休まる自分の実家であっても、妻にとっては職場よりも気が張る場所であると心得るべし》

 一般的な家庭ならまだしも、そこで肉を焼く義理の両親が、誰もが知る伝説のアイドルと名俳優となれば、ますます気は休まらないはずだ。

“最高の両親”という重圧

 男女の違いが際立ちがちなのが、結婚式に関してである。友和はかつて雑誌のインタビューで、息子夫婦について、「結婚式はしていませんが、やりたいでしょう。特に女性はね」と、牧野を思いやっていたが、祐太朗は「(結婚式は)考えていないんです」とあっけらかんと語っている。

「新型コロナが落ち着くまではしないと、周囲に語っていますが、落ち着いても披露宴は開かないと思いますよ。前撮りで家族の集合写真を撮った際に、お互いの両親に晴れ姿も見せられたし、と満足なようですから。直接祝福したい関係者も多いですし、せっかくの記念なのにという気もしますが、いまどきの考えなのでしょう」(前出・芸能関係者)

 ここでも両親との違いが見られるが、これもまた周囲に流されることなく、誰にも遠慮せず、自分たちの選びたいものを選んだ結果といえる。

「そもそも、百恵さんと友和さんの結婚式は壮大なものでしたからね。中途半端に開いていろいろと比べられるくらいなら、やらないというのは潔い判断だと思います」(前出・芸能関係者)

 では、祐太朗は両親の何を理想としているのか。その詳細も『徹子の部屋』で語っていた。

「百恵さんと友和さんは、結婚生活40年間で、一度も夫婦げんかをしたことがないらしいのです。友和さんも実際にインタビューで『一度もしたことがない』『そういう夫婦はいっぱいいて、不思議でもなんでもない』と語っていました。

 祐太朗さんは友和さんから“夫婦げんかは犬も食わない”と教わって育ってきたようですよ。ただ、実際に夫婦げんかをしないというのは、なかなかできることではありません。しかも、そんな手本をテレビで語られたら、奥さんにはそれなりの重圧がかかるでしょうね」(前出・テレビ局関係者)

 牧野は、子供の頃から芸能界で活動しながら音楽大学のピアノ科を卒業した努力家だ。

「仕事へのプロ意識も高く、間違っていることは許せないタイプでもあります。一度、スタッフに対して正面から意見している場面を見たことがあります。お嬢様育ちでプライドも高い。祐太朗さんはいまは尻に敷かれていますが、いつかはぶつかる場面も出てくるでしょう」(音楽関係者)

 しかし、姑・百恵さんは、そんな仕事熱心な牧野を認め、受け入れているという。

「百恵さんは2人とも息子だったから、娘ができたようで本当にうれしいと、かわいがっています。結婚指輪をしまっておくために、ふたりのイニシャルである“Y”をあしらったリングピローも手作りして贈ったほど。牧野さんに妻としての振る舞いや、夫婦関係を良好に続ける秘訣をLINEで送って、叱咤激励しているでしょうね」(別の芸能関係者)

 その思いは、牧野にもしっかりと伝わったに違いない。

「祐太朗さんは番組で、いつか子供に恵まれたら、両親が自分たちを育ててくれたように育てたいとも語り、百恵さんに孫を抱かせることが“最大の親孝行”とも口にしていました」(前出・テレビ局関係者)

 妊娠への期待もまた、嫁への重圧になる気もするが、百恵さんが祖母なら心強いに違いない。

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号