【ファンキー通信】世界「KANCHO」ブーム到来か?

写真拡大

 「ベンチの中でイチローさんにカンチョーしたりしてました」

 いささかおマヌケなコメントではあるが、このコメントはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本が有終の美を飾った直後の、上原浩治投手(巨人)の発言である。

 「カンチョー」と言っても、肛門に注入する薬ではなく、人指し指と中指を突き出した状態で両手を組み、肛門めがけて思いっきり突き上げるほう。ちょっと懐かしい言葉のような気もするけれど、現在でも野球選手(珍プレー好プレーを見てると、よくやってますよね?)や小・中学生の間では健在の遊び。すっかり「ジャパニーズおふざけカルチャー」として定着しているのだ。

 そんなみんなの「カンチョー」が今、海外に羽ばたこうとしているらしい。海外版の「ウィキペディア」にも、なんと「KANCHO」という項目がある。その記述によると、どうやら海外でも人気のアニメ『NARUTO』から「カンチョー」が広まったみたいだ。劇中に出てくる「木ノ葉隠れ秘伝体術奥義・千年殺し」という技が、とにかく強烈なカンチョーらしい。しかも主人公のナルトくんは素手ではなく、爆弾を巻きつけたクナイを用いるのだとか。

 でも海外では、遊びのカンチョー自体が性的暴力などにあたり、違法と見なされるところもあるのだとか。韓国では実際に逮捕された人までいるらしい。

 カンチョーで警察のご厄介になるなんて、絶対いやですよね? しかもはるばる日本にまで恥ずかしい逮捕劇が伝わってしまうなんて一生の汚点です・・・。でも、待てよ? 日本はカンチョー文化の発祥の地だけど、もしかして日本でも罪に問われたりするの? 法律に詳しい関係者の話によると、カンチョーされた相手があまりの痛さに怒り狂って訴えた場合、外傷があれば傷害罪、なければ暴行罪に問われる可能性が高いとのこと。しかし、受理してもらえる確率はかなり低いそうです・・・。とはいえ、カンチョーする時は、くれぐれもほどほどの力加減にしておきましょうね。(遠藤麻衣/verb)