赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。小野を挙げてくれた。

写真拡大 (全3枚)

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、辛口な評論でも知られるセルジオ越後氏の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 選手の「質」に着目して考えたら、ジーコ、ドゥンガ、ピクシー(ストイコビッチの愛称)、レオナルド、サンパイオ、ブッフバルト、エムボマ、ジョルジーニョ、ビスマルク、リトバルスキー、マルキーニョス……、挙げたらキリがないね。強いチームを作ることだけを考えて、仮に外国人枠をなくしたら、日本人は入ってこないだろう。

 だから今回は「長くJリーグを支えてくれた」という基準で選んだ。ちなみに僕は、Jリーグよりも海外歴が長い選手はJリーガーと思っていないから、そういった選手は入れていない。さっき言った助っ人たちも、インパクトは強かったけど、日本でプレーした期間は長くないよね。Jリーグ歴代ベストイレブンを選ぶなら、僕は「長くJリーグを支えてくれた」ことを考慮して選ぶべきだと思うんだ。そうして一応、ポジション別に選手は並べたけど、「試合を戦う」つもりの11人じゃないから、システムは決められない。
 
 たしかに小野や俊輔などのように海外移籍した選手もいるけど、Jクラブの在籍歴のほうが長いし、レッズやマリノスでアイドルとなってJリーグの人気を下支えしていた。遠藤はガンバ、小笠原はアントラーズに長くいて、それぞれのサポーターにずっと語り継がれ、一生思い出に残る選手だよね。レジェンドで、それぞれのチームの「ミスター」と呼んでいいよ。

 大久保はJ1最多185得点という記録が、Jリーグにたくさんの熱狂をもたらしてくれた立派な証拠。カズやラモスは開幕当時のヴェルディで注目が凄かったし、その後も日本で長く活躍してくれた。ラモスは指導者としてもね。

 守備陣はなかなか目立ちにくいけど、それでも松田、中澤、闘莉王、川口は日本サッカーを盛り上げてくれた。DFの3人はセットプレーなどで得点能力もあって、素晴らしい選手だったよ。
 試合をやらせるつもりで選ばなかったけど、もし、この11人にユニホームを与えて試合をやったら、面白いゲームするんじゃないかな。セットプレーでは良いキッカーがいて、良いターゲットもいて、なによりみんなコミュニケーション能力が高いから、自分たちで話し合って魅力的なサッカーをしそうだ。

 今回は漏れたけど、澤登(元清水)、ゴン(元磐田)、憲剛(川崎)、寿人(千葉)……とか、長くJリーグに貢献してくれた選手は溢れるくらい他にもいて、できれば彼らもベンチに置きたいくらいだよ。そんな選手たちも含め、今もなお活躍している彼らは、ベテランになっても衰えることなく、若手にも負けないために人一倍努力しているということ。そこも、しっかりと称えたい。

 監督は西野、長谷川、森保……、Jリーグを支えてくれた日本人監督、あとは外国人ではオシムなどがいるけど、ここはヴェンゲルにしたい。彼は95、96年のグランパスを指揮しただけで日本にいた期間は短く、選手を選んだコンセプトから外れるかもしれないけど、ヴェンゲルに限ってはあまりにもインパクトが凄かったから。衝撃的だったベンゲルの指導方から学んだことは多いし、彼は短い期間でもJリーグに多大な影響をもたらしてくれた。

 僕のなかでは、ベストプレーヤーは小野。彼を超える人はいない。プロ選手として猝イ擦襦蹐海箸一番の特徴で、誰も小野の真似はできない。日本の宝だ。彼のプレーは、味方も敵も見惚れてしまうよね。だから、他の10人も「小野は別格だ」と言って、認めるんじゃないかな。

構成●サッカーダイジェスト編集部

PROFILE
セルジオ越後 せるじお・えちご/45年7月28日生まれ、ブラジル出身。現役時代はJSL1部の藤和不動産サッカー部(湘南の前身)などでプレー。現在はサッカー評論家や解説者などとして多岐に渡って活動し、辛口なコメントでも知られる日本サッカー界のご意見番だ。

※『サッカーダイジェスト』2020年5月14・28日合併号より一部、加筆・修正して転載。

【PHOTO】日本代表の歴代ユニフォームを厳選!1992-2020