Image: stilform

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

書くだけでよいのなら、コンビニで100円で買えてしまうペン。そんな市場で、5000円を超えるペンを製作し、Kickstarterを騒がせ、クラウドファンディングで3000万円を超える支援を受けたペンが存在します。金属だけを使用し、独自のマグネットキャップの機構をもつ「Stilform Arc」です。

現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてプロジェクトを行っている「Stilform Arc」、今回は実物を触る機会があったので、実物を使いながら、その魅力をレビューしていきます。

中毒性のある、完璧なマグネットキャップ

Image: stilform

Stilformの1番の特徴がは、このマグネットキャップ。フタとペン本体を繋げるツメがついておらず、磁石のみでフタが付いています。このマグネット、弱すぎず強すぎず、調整がとにかく絶妙なんです。ペンの蓋を開けて、閉めるたびに不思議な満足感があります。

Photo: 吉田 祥平

MacBookに採用されていた電源コードのマグネット(MagSafe)を思い出す、スムーズな着脱です。

Image: stilform

キャップが閉まるときの金属がカチッという音や、計算された磁力。無性に開け閉めをしたくなるような中毒性があるんです。

最高品質のチタンとアルミニウムが生む、重すぎない重量感

Photo: 吉田 祥平

「Stilform Arc」はチタン製とアルミニウム製のものがあるのですが、全てのパーツが最高品質のチタンかアルミニウムで作られており、どちらも接着剤・プラスチックは不使用。

チタンとアルミという軽量性が特徴の金属使用しているため、重すぎず、書くのに絶妙な重量になっているのも魅力です。プラスチックのものが多いせいか、ペンはどうしても軽めのものが市場に多いのですが、「Stilform Arc」のように、ちょうど良い重量感を持ったペンというのはなかなかありません。

書き心地 は非常にスムーズ。紙にペンを押しつける力は必要なく、指の力を左右にふるだけで、滑らかに文字が出ていく感覚を味わえます。

Photo: 吉田 祥平

置いてあるだけで、どこから撮ってもインスタ映えするデザイン

Photo: 吉田 祥平

文房具の楽しみといえば、コレクションをしたくなってしまうような、美しさ。筆者はカメラマンとして仕事をすることもあるのですが、写真がいいとかではなく、Stilform は本当にどこから撮っても映えてしまうデザイン性の高さが特徴です。

Photo: 吉田 祥平

このペンが1本転がっているだけで無印良品の写真に見えてくるほど、机の上が映えて見えます。

現在クラファンでキャンペーン中

Image: stilform

現在クラウドファンディングサイトmachi-yaに参加している「Stilform Arc」。「Stilform Arc」を作成したstilformは、画期的な万年筆「KOSMOS inc」を発表し、machi-yaで支援額300万円を超える支援額を記録したチームです。

Photo: 吉田 祥平

この機会に、世界の文房具好きがうらやむ至高のペン、手に入れてみませんか。

>>「Stilform Arc」の詳細はこちらから

Source: machi-ya