LINE本社のロゴ

写真拡大

 16日深夜放送のバラエティー番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、番組が「若者の○○離れ」を調査。この企画で、ある女子高生グループが「LINE離れ」と回答し、ネットで話題となった。

 VTRに登場した女子高生によると、写真の送受信はApple製のデバイス同士でデータの受け渡しができるAirDropを使用し、メッセージのやりとりはインスタグラムのダイレクトメッセージ機能で行っているという。

 放送を受け、ツイッターでは「#LINE離れ」がトレンド入り。「いや周り誰もLINE離れなんてしてないけどな」「友達とかと連絡とるときLINEから離れたら何でとるんかな」といった声がある一方で、「言われてみればたまにしか使わないな」「これホントだと思う。ウチの長男(中学生)はLINEじゃなくてインスタで友達と連絡取り合ってる」と共感する投稿も見られた。

 また、連絡手段の変化に触れ、青春時代を懐かしむユーザーも。「中学生くらいの時に、好きな人とメールしてRe:re:re:re:reってたまってくのが嬉しかった」「昔はセンター問い合わせして青春時代を過ごしたな〜」「通話通話っていうけど僕が学生の頃は彼女と長電話はWILLCOMだったんだよ 知ってるか?WILLCOM」と回顧するツイートもあった。

 なかには「伝書鳩の時代が…くる…」「男子はやっぱりトランシーバーだよね」などとボケる人もおり、連絡手段をネタに大喜利のような状態でも盛り上がっている。