俳優の磯村勇斗が11日、ストリングスホテル東京 インターコンチネンタルで行われた、ヘアケア家電ブランド「ヴィダルサスーン」のシークレットイベントに登場した。

磯村勇斗

イベントは、ヴィダルサスーンヘアケア家電対象商品を購入し応募した人の中から選ばれた50名が、ホテルの一室でまるで結婚式のように卓を囲むという、なかなかない雰囲気に。事前に「cool」「sweet」どちらの髪型の磯村が良いかSNSでの投票が行われていたが、結果としてcoolスタイルの磯村が登場した。

自身は「ビシッと決めたい時はクールに、ニットを着てゆるくしたい時は、巻き髪にして外を歩きたいなと思うこともあります」と髪型観を明かした磯村。「普段はサラサラの方が多い。かきあげてるくらいのラフなスタイル」と語った。

バレンタインデーも近いが、女性の髪型について聞かれると、「チョコレートの日は……」と言いかけ、MCからつっこまれる。「バレンタインデーは、ゆるくいて欲しいなと思いますけどね。スイートで」と言い直し、「チョコレートはビターみたいな。ビターの方が好きかもしれないですね」と好みも披露する。さらに各テーブルのファンが磯村を囲んで記念写真を撮ることが発表されると、客席からは悲鳴が起こっていた。

イベントではまた、"バレンタインに挑む女性を応援する"ということで、磯村がスペシャルケーキに、ラズベリー、イチゴ、赤すぐりをデコレーションしていく。最初は放射線状にラズベリーを乗せていたものの、最終的にイチゴと赤スグリを盛り付けまくり、ラズベリーがどこに配置されているのかわからない事態に。"塩ファサー"のように赤スグリを振りかけたり、プレートを額のように持ち「今年の元号は、ヴィダルサスーン」とボケてMCから「毎年変わるものじゃない」とつっこまれたりと、お茶目な様子を見せる。このケーキは切り分けられて各テーブルに配られ、磯村はさらにもう1つディスプレイ用ケーキに「VS」のホイップも絞った。

その後もイベント特製磯村クリアファイルが全員に配られるほか、抽選で各テーブル1名にサイン入りクリアファイルが手渡されるなど、大盤振る舞い。磯村は最後に「限られた人数でイベントをするということも初めてでしたし、こういう素敵なロケーションと素敵な場所と素敵な皆さんと一緒にできたのは、楽しかったです。なんかちょっと照れくさいところもあったけど」とはにかむ。「今日はここにいる女性陣が、日本で1番輝いているんじゃないかな」と甘い言葉で締めていた。