相模原殺傷、動機の背景に「金が欲しかった」被告が明かす

ざっくり言うと

  • 2016年7月、相模原市の知的障害者施設で入所者ら45人が殺傷された事件
  • 被告は24日の裁判で「金が欲しかった」との思いがあったことを明らかにした
  • 社会人になり楽しく生活するために、金が欲しいと思うようになったと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x