<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全5枚)

2019年11月13日、市場調査会社Canalysが全世界のスマートスピーカー・スマートディスプレイについての調査結果を発表した。

2019年第3四半期、世界のスマートスピーカーは44.9%成長の2,860万台に達した。

●ブランド別統計

Image: Canalys

以下グラフにしたもので解説する。

●出荷台数推移

Image: Canalysのデータを元にrobot startがグラフ化

ブランド別ではAmazonが36.6%の圧倒的シェアでトップを維持し、2019年第3四半期は対前年65%増の1,040万台となった。一方ライバルのGoogleは対前年40%減の350万台に落ち込んだ。全ブランドで対前年で減少したのはGoogleだけだった。

中国勢はAlibaba、Baidu、Xiaomiそれぞれ大きく伸びてシェアもほぼ互角という展開となっている。

●市場シェア推移

Image: Canalysのデータを元にrobot startがグラフ化

市場シェアを円グラフにすると、Amazonはシェアを伸ばし、Googleがシェアを大きく落とし、その分だけ中国勢が伸びたという形になっている。

●スマートディスプレイ出荷台数

Image: Canalys

今回のレポートではスマートスピーカーの中でもディスプレイを搭載したスマートディスプレイの比率も報告されている。メーカーによって差はあるもののおおむね20%近くがディスプレイ搭載モデルとなっている。2019年第3四半期は低価格なディスプレイ搭載モデルも登場したことで対前年比500%成長の630万台が出荷されたという。

Source:Canalys

(中橋 義博)