リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

【スラビア・プラハ 1-2 バルセロナ CLグループリーグF組第3節】
 
 チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグF組第3節、スラビア・プラハ対バルセロナの試合が現地時間23日に行われた。バルセロナが2-1の勝利をおさめている。この試合でバルセロナに所属する32歳FWリオネル・メッシが偉大な記録を樹立した。

 試合開始して3分、相手ゴール近くでボールを奪ったメッシがペナルティーエリア内にいたアルトゥールにパスを送る。そして、リターンパスをメッシがダイレクトで決めてバルセロナに先制点が入った。50分に同点ゴールを奪われるも、57分に相手のオウンゴールが決まって再び勝ち越しに成功。バルセロナが2-1の勝利をおさめている。

 サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、メッシはCLの試合において、15年連続でゴールを決めているという。これは大会史上初の出来事とのこと。果たして、この記録はあと何年のばすことになるのだろうか。

text by 編集部