豊臣秀次の死巡り新史料 秀吉、3カ月前時点では国主に取り立てる意向

ざっくり言うと

  • 豊臣秀吉の養子・秀次の死を巡り、新史料が29日までに見つかった
  • 秀吉が、秀次の息子を国主に取り立てる意向だったと示すもの
  • 秀吉に実子が誕生し、秀次と不仲になったとする通説に一石を投じる内容だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x