出世の階段を登る安住に、フリーアナの頂点を極めた羽鳥……男性アナ四天王がついに決定! から続く

【ランキング】嫌いな男性アナ1位〜4位

 今年で3回目となる男性アナウンサー部門。読者からのコメントで多かったのは、「うるさい」「意見を押し付けないでほしい」という意見でした。「嫌いな男性アナ」に選ばれてしまったのは、一体誰なのでしょうか。

 本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。回答総数は3100超に上りました。男性が53%、女性が47%という構成でした。

「嫌いな男性アナ」、20位から15位までの結果は以下の通り。注目は笠井信輔と伊藤利尋の「とくダネ!」(フジテレビ系)コンビ。2018年4月に後輩の伊藤がMCに就任し、「NEWSヤマサキ調べました」などのコーナーを担当する笠井が伊藤を支える番組構成になりましたが、“嫌い”順位は笠井が15位で伊藤が18位でした。

20位 生田竜聖(31・フジテレビ)

「幸薄そうなところ」(28・女)

「いつまでたっても噛んでるし、兄の七光り」(39・男)

「悲しそうな顔で毎朝『めざまし』に出ているから」(52・男)

19位 三宅正治(56・フジテレビ)

「ベテランなのに軽薄。コメント力が無く、眉間のしわが深い。神経質なのでは?」(34・男)

「にぎやかすぎます」(62・男)

18位 伊藤利尋(46・フジテレビ)

「話している内容が面白くない」(64・男)

「局のエースなのかもしれませんが、その割に言葉の選び方が頭の悪い若者のよう。今や普通に使われるようになってしまいましたが、少なくともアナウンサーには言葉を大切にして欲しい」(55・男)

「顔と声。大ベテランのくせに本番中台本ガサガサして落ち着きがない」(59・男)

17位 小松靖(44・テレビ朝日)

「思想が極端で怖い」(55・女)

「正義感と自己主張が強すぎて、意見が偏っているところはアナウンサーとしてどうかと思う。鬱陶しい。ニュースに対し、知的で中立であって欲しい」(46・女)

「図々しい。人の話を聞かずに、人の話の間に入ってくる。大下アナが困った顔をしているのを見るたびに気の毒になる」(57・女)

15位 笠井信輔(56・フジテレビ)

「いつまでたってもたどたどしい語り口。そろそろひっこんでほしい」(66・男)

「芸能人の訃報がらみで、実はこうだった、ああだったと言いすぎ。余計なお世話」(46・女)

「アナウンサーの前に、社会人としてどうかと。常識やマナーを勉強するべき。必ず、不愉快なことをしてくれます」(47・女)

15位 徳光和夫(78・フリー)


AKB総選挙の司会も務めていた徳光和夫アナが15位 ©文藝春秋

「涙はビジネス涙。以前何かのテレビ番組で、結婚式の司会をお願いされて、50万円位でとお願いされた時に『俺を馬鹿にするな』というような発言をしたと聞いて、一気に嫌いになった」(29・女)

「長すぎる現役」(51・女)

「バス旅の番組でいつも寝ているところ。ゆる〜いのがウリの番組かもしれないけれどヤル気のないお爺さんが居眠りして食事しているだけに見えます。視聴者をナメているようにしか見えない」(48・女)

 14位にはNHK出身のフリーアナ・登坂淳一。2018年1月に「週刊文春」(2018年2月1日号)でNHK札幌放送局時代のセクハラが報道されてから、2年連続のランクインとなってしまいました。セクハラ報道への厳しい意見がいまだ目立ちますが、2019年3月には30代女性と再婚し、4月からは「BSフジニュース」でキャスター業に復帰しました。10位には歌手・藤井フミヤの長男、藤井弘輝が入りました。

14位 登坂淳一(48・フリー)

「ニュースをやっているときは立派だったかもしれませんが、プライベートは最低ですね。セクハラして自分の地位も失った勘違い野郎です。民放でも見かけるけど面白くもなんともないです」(50・女)

「人気があるのか知らないが、調子に乗って傲っているところ。人間としてもセクハラなど問題が多い」(45・女)

「随分キャラクターが変わった」(34・女)

「NHK時代からそんなに好きじゃない。情報番組に出てもコメントがつまらない。報道無理だからバラエティに出るしかないんだろうけど、痛々しい。フリーにまでなって、これがやりたいことだったのか」(39・女)

13位 辻岡義堂(33・日本テレビ)

「汗っかきなのは仕方がないけれど、何とかしてほしい。見苦しい」(58・女)

「表面的にはやわらかそうな雰囲気ですが、ナルシストな面があって嫌いです」(61・男)

「奥さんや子供に対するモラハラがあると番組で見てから子供が心配。同じ日本テレビアナウンサーの上重聡アナウンサーの高級マンション、高級車問題が可愛く思えるほど」(44・女)

12位 青木源太(36・日本テレビ)

「ちょっとジャニーズジャニーズうるさいかなと思う。『火曜サプライズ』のMCもなんだかいまいち」(30・女)

「雰囲気が重い、顔が大きいのが目立つ、印象が薄い」(56・男)

「自分のキャラを出そうとする言動すべてが不快。しゃべりも変。見たくないのですぐにチャンネルを変える」(42・女)

「公私混同が激しい。ジャニーズファン以外からしたらドン引きです」(36・男)

11位 石井大裕(34・TBS)

「松岡修造と錦織圭にあやかりすぎ。調子乗りすぎ、うるさい」(46・女)

「朝から視聴者を無視してやかましかった。テニス関係者にだけ敬語を使っていて感じが悪い」(72・男)

「相手の話を聞き出すより自分を前に持って行くことがうざい」(61・女)

「スポーツ選手へのインタビューが的外れ」(36・男)

10位 藤井弘輝(27・フジテレビ)

「親のコネで入社したお調子者なイメージ」(45・男)

「なぜアナウンサーやっているのか分からない。お飾り?」(36・女)

「常にテンパってる感じで、ハラハラする。バラエティー番組もおもしろくない。ニュースも内容より、しっかり読めているかが気になる」(47・女)

「滑舌もあまりよくないうえに、一生懸命さが感じられません。アナウンサーの素質がないまま採用されたとしか思えない」(45・女)

 続いて9位から5位。「好きな男性アナ」ランキングでトップ3に輝いた日本テレビ・桝太一とTBS・安住紳一郎が、出演番組の多さが災いしたのか“嫌い”の9位と8位にランクインしてしまいました。徳永有美とともに「報ステ」でメインキャスターを務める富川悠太は前回から3つの順位を上げ、“嫌い”5位に。公式ウェブサイトによれば、富川の「好きな言葉は『宿命に耐え、運命と戯れ、使命に生きる』だとか……。

9位 桝太一(37・日本テレビ)

「人気の理由がわからないうちに鬱陶しくなった」(48・男)

「私、東大出てます感が半端ない」(31・男)

「バカなことを真面目にする痛い姿が見ていられない。報道を真面目に考えているのかと思っていたが、視聴率を取ることに走り過ぎていて、もはや嫌いというか気の毒」(50・女)

「くぐもったような声が苦手。なんとなく無理」(26・女)

「『鉄腕DASH』で知識をひけらかしているが、すでに専門家がいるからこの人いらない」(50・男)

8位 安住紳一郎(45・TBS)

「実績はある。アナウンサーとしての実力も十分。でも最近はこれまでの実績だけで生きているように感じる。ヤラセがあっても難なく乗り切れそうだから気に入らない」(37・男)

「以前は好きだったのに、最近は好きよりも、何だか鼻に付くようになった」(46・男)

「あの歳で独身。絶対に何か問題があるか、遊んでるか」(42・男)

「なんだかパッとしないのにTBSのエースのような立ち位置にいるところ。目立つ番組にはいつも安住。TBSには他に男性アナウンサーがいないのか」(56・女)

7位 小倉智昭(72・フリー)

「トークにキレがなくなってしまった」(38・女)

「知性を感じるところもあるが、意見の主張が強すぎる」(39・男)

「どうして人の心情を理解せず、一方的に決めつけ、偉そうに喋り続けることができるのか理解に苦しみます」(40・男)

「感想を言うのは良いが、たまにその中に間違った情報を入れるから」(58・女)

「さくらももこさんが亡くなったとき、彼女のことを全く知らないと発言していた。司会者として失格」(41・女)

5位 軽部真一(56・フジテレビ)

「時節柄、男性アナも見てくれは大切。肝に銘じてほしい」(66・男)

「バラエティ番組しか担当できない。後輩を育成する気がなさそう」(31・女)

「エース女子アナ不在で『めざましテレビ』が危機のときに、なんの役にも立たないポンコツ」(56・男)

「昔から上辺だけというか冷たい感じがする」(42・女)

「あの蝶ネクタイの意味が分かりません。得体のしれない恐怖のようなものも感じます」(42・男)

5位 富川悠太(42・テレビ朝日)

「政府にケチをつけなければテレビに出る資格がないとでも思っているのか」(65・男)

「番組中の失言が多すぎる。報道アナウンサーとして思慮に欠けている」(30・女)

「『報道ステーション』でCM前に次のニュースを説明しているが、視聴者を番組に引き付ける狙いがバレバレであまり好きではない」(42・男)

「徳永有美アナウンサーが出てくるまでは割と好きだったが、センターを譲らされ、徳永にへらへらしている姿が情けない」(61・女)

 最後に“嫌い”ワーストグループの発表です。4位には「週刊文春」(2015年4月9日号)が、ABCマートの創業者から多額の「利益供与」を受けていたと報じた日テレ・上重聡アナがランクイン。読者の嫌いな理由にも、不祥事に関連したコメントが多数見られました。2位、3位には「嫌いな男性アナ」常連組の古舘伊知郎と羽鳥慎一。羽鳥は今回の「好きなアナ」部門では2位でした。

 そして「嫌いな男性アナ」第1位は、2位の古舘にトリプルスコアの大差で宮根誠司がV3を達成。宮根誠司といえば、「週刊文春」(2017年12月7日号)で不倫相手の女性が隠し子の存在を告発。にもかかわらず、最近では元NHKアナウンサー・堀尾正明の不倫報道(「週刊新潮」2019年6月27日号)に対して、堀尾をフォローするようなコメントをして炎上してしまいました。宮根アナは2017年の集計以来、変わらず1位にランクインしています。

4位 上重聡(39・日本テレビ)

「不祥事の内容が何様だと思ったので」(45・男)

「平気で復活しようとする姿勢が嫌」(85・女)

「話が下手。ニヤケていて視聴者に話が伝わらない」(32・男)

「人物自体は嫌いではありませんが、利益供与まがいの騒ぎを起こして同じ職場に復帰出来る甘さにヘドが出ます」(45・男)

「声がざらざらしていて不愉快。何かと松坂大輔の名前を利用している」(40・女)

3位 羽鳥慎一(48・フリー)

「泣けばいいと思ってる? 心がこもってない」(51・女)

「たまに暴言というか、きつい言葉を言うのが好きになれない」(67・女)

「長いものに巻かれすぎて、身動きできていない感じが苦手」(53・女)

「番組回しにだけ力を尽くしているようで、自らの考え方も番組の方向性も見えない」(68・女)

「離婚してお子さんがいるのに直ぐに再婚して、爽やかなイメージが感じられなくなった」(46・女)

2位 古舘伊知郎(64・フリー)

「正義ぶった偽善者にしかみえない」(61・男)

「『報道ステーション』を降板した時にこの人も終わっているのに、まだ出ている」(39・男)

「若い頃は各種スポーツ、大会等を盛り上げていましたが、少々鼻につきマンネリ化してきた」(37・男)

「実力がなく単なる人気だけでのし上がってきたのでは」(62・男)

「後進を育てる側になってほしい」(60・女)

「喋り方や態度がふた昔前のアナウンサースタイルで古臭く感じてしまう。もっと落ち着いた話し方でも良いと思う」(55・男)

「スキャンダルがないのに清潔感がない」(44・女)

1位 宮根誠司(56・フリー)

「ただただ、うるさい。関西弁うるさい」(44・女)

「番組内で中継先が話していることをさえぎってまで喋っていてうるさい」(34・女)

「目立とう精神のみで中身がない。あと、隠し子はどうなった?」(62・男)

「どんなニュースにも芸能的側面を打ち出す押しの強さ」(79・女)

「視聴者にも伝わるほどの、スタッフに対する態度の悪さ。人の不倫を取り上げる癖に自分の隠し子は美談に仕立てようとする人間性、浅ましさに嫌悪」(35・男)

「島根出身のくせに大阪人気取りはやめて欲しい」(24・女)

「声、アナウンス、司会のまわし全て苦手」(30・女)

「感情でしゃべるので時々不快になる。イラついているとすぐ伝わるし」(44・男)

「発言に偏りがあり公平な立場にいない」(26・女)

(「週刊文春」編集部/週刊文春)