「ライオン・カントリー・サファリ」は雷に打たれてキリン2頭が死んだと明らかにした/From Lion Country Safari/Facebook

(CNN)米フロリダ州にある自然動物園で、キリン2頭が雷に打たれて死亡していたことがわかった。同園が11日、明らかにした。

フロリダ州ロクサハッチーにある「ライオン・カントリー・サファリ」で5月3日、牧草地が突然の雷雨に見舞われた。18頭いるキリンのうち2頭が雷に打たれて死亡した。

同園は、哀悼の意を示すとともに、獣医による検視が必要だったため、2頭の死について公表してこなかったと説明している。

広報担当がCNN系列局のWPBFに語ったところによると、同園には雷探知システムがある。嵐が通過する場合は通常の手順に従って避難区域を開放するが、今回は2頭を避難先にうまく誘導できなかったという。

広報担当は「動物が避難しようと思わなければ、我々が誘導のためにできることはあまりない」と語った。

同園は方針や手順の見直しを進めており、より安全な環境作りに向けて専門家と連絡を取っているという。

CNNの気象の専門家によれば、1度の落雷で2頭のキリンが死亡した可能性が高い。同じ牧草地で別々に雷に打たれる確率は非常に低いという。