「パリ人肉事件」実行犯について実弟が告白「劣等感の塊でもあった」

ざっくり言うと

  • 1981年に発生した「パリ人肉事件」の実行犯の弟にデイリー新潮が話を聞いた
  • 兄は幼少期から虚弱体質で体が小さく、「劣等感の塊」だったという
  • 兄が大学生の頃にケンカした際には、包丁を持ち出されたことがあったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x