東名あおり事故 被告は法廷で遺族に目もくれず終始不敵な態度

ざっくり言うと

  • 東名高速であおり運転の末に夫婦を死亡させたとして罪に問われた男の初公判
  • 弁護側は無罪を主張し、男は反省しており謝罪の意思もあるとしている
  • 法廷で男は遺族に目もくれず、終始ふてぶてしかったとテレビ関係者は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング