首相と”メシ友”の松本人志(時事通信フォト)

写真拡大 (全2枚)

 安倍晋三・首相の“お友達人脈”は政官財マスコミに張り巡らされているが、芸能界にも広がっている。

 首相夫妻とプライベートな親交があるのが松任谷由実、アグネス・チャン、谷村新司らで、夫婦同士で食事をする友人だ。

 芸能界きっての安倍応援団として知られていたのが8月に亡くなった俳優の津川雅彦氏だった。毎年、首相と食事会を開いており、今年1月にブルガリ銀座タワーの「プライベートルーム」で開かれた食事会には中井貴一、女優の米倉涼子、木村佳乃らが参加している。

 そうした芸能界人脈に新たに“メシ友”として加わったのがダウンタウンの松本人志。昨年12月15日、東京・四谷の焼き肉店「龍月園」で首相と会食、HKT48の指原莉乃、東野幸治らフジテレビ『ワイドナショー』のメンバーも一緒だった。同番組には安倍首相も出演したことがある。政治アナリストの伊藤惇夫氏が指摘する。

「安倍首相は自分が誰に会ったかを国民にあえて知らせることで、力を見せつけたり、好感度を上げ、批判に対応する。そのツールとして新聞の動静欄を巧妙に利用している。

 この1年あまり、森友・加計問題で何度も窮地に立たされたが、そんなときも芸能人との会食で話題をつくったり、昭恵夫人が批判の矢面に立たされたときはユーミンの芝居を観劇して“夫婦愛”を演出してみせた」

 芸能人にとっても、時の首相との会食は話題づくり以上の効果がある。今年2回、イベントで安倍首相とツーショット姿を見せつけた元SMAPの香取慎吾は「芸能界で生き残るための強力な後ろ盾を得た」と報じられた。

 財界から芸能界まで、首相の「お友達」人脈として政権の庇護を受けることが勝ち組になるための大きなアドバンテージになっている。そうしてこの国の中で巨大化しつつある悪だくみ人脈が、総裁選の安倍勝利を望み、確実な流れにしている原動力なのだ。

※週刊ポスト2018年9月14日号