活発な前線の影響で、九州北部に加えて中国地方でも断続的に非常に激しい雨が降り、記録的な大雨になっている。気象庁は午後7時40分、広島県、岡山県、鳥取県に大雨の特別警報を発表した。NHKニュースが報じた。

広島県、岡山県、鳥取県では甚大な被害の危険が迫っている。土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に最大級の警戒が必要。気象庁は、自治体からの情報に従って直ちに安全な場所に避難するか、周囲の状況を確認して外に出るのが危険な場合は、建物の上の階に移動するなど、できるかぎり安全を確保するよう呼びかけている。

広島県 岡山県 鳥取県にも大雨特別警報 最大級の警戒呼びかけ(NHKニュース)