2017年12月2日、Appleのモバイルデバイス向けOSの最新版となる「iOS 11.2」がリリースされました。アメリカ国内ではユーザー間でお金のやり取りが可能になる「Apple Pay Cash」が利用可能となっているのですが、iPhone Xでは顔認証機能のFace IDが動作しなくなるという問題が発覚しています。

Face ID not working on iPhone X after updating to iOS 11.2? A reboot should fix it | 9to5Mac

https://9to5mac.com/2017/12/02/face-id-not-working-on-iphone-x-after-updating-to-ios-11-2-a-reboot-should-fix-it/

リリースされたばかりのiOS 11.2にアップデートしたiPhone Xユーザーの一部から、Face IDが動作しないという報告が挙がっています。Face IDを使った顔認証が使えない場合、iPhone Xの画面上には「Unable to activate Face ID on this iPhone.(このiPhoneではFace IDを有効化することができません)」という通知が表示されるそうです。なお、Face IDを有効化する方法は非常に簡単で、端末を再起動させるだけでOKです。

iOS 11.2が有効化されないのは一部のユーザーのみで、Apple関連メディアの9to5Macは「iOS 11.1.2からiOS 11.2にアップデートしても問題は生じなかった」としており、GIGAZINE編集部でも同じようにiPhone XをiOS 11.2にアップデートしてみましたが、問題は起きませんでした。しかし、確かに一部のユーザーはFace IDが有効化されない問題に直面しており、なぜ一部のユーザーでのみ問題が生じるのかは気になるところ。

報告によれば、ほとんどの場合はiPhone Xを再起動すればFace IDが使用できるようになるそうなので、永続的に続く問題ではない模様。iPhone XではこれまでのiPhoneと端末の電源をオフにする方法が異なっており、サイドボタンと2つある音量調節ボタンのいずれかを同時に数秒間押し続けることで、電源をオフにすることが可能となっています。なお、特定条件下でiPhoneが再起動を繰り返すバグなどを修正するため、AppleはiOS 11.2へのアップデートを当初の予定よりも早めて公開しています。