タイトルからもわかるとおり、『言葉が人を「熱狂」させる』(豊福公平著、きずな出版)のテーマは「言葉」。人を動かす言葉について、自身の考え方を記しているわけです。しかし、そもそも言葉には、数学のように唯一の正しい答えがあるわけではありません。そこで著者は、「正解はないけれど、自身の体験した言葉を書こう」という思いに至ったのだといいます。それらをヒントにすれば、読者をそれぞれの答えへと導けるようになる