24日、米オンラインメディア「Kotaku」は、第87回アカデミー賞で作品賞など4部門の受賞に輝いた映画「バードマン」の中で、キムチに関するセリフが韓国人を怒らせていると報じた。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2015年2月24日、米オンラインメディア「Kotaku」は、第87回アカデミー賞で作品賞など4部門の受賞に輝いた映画「バードマン」の中で、キムチに関するセリフが韓国人を怒らせていると報じた。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

【その他の写真】

Kotakuは24日、第87回アカデミー賞で作品賞など4部門を受賞した「バードマン」の中の、キムチに関するセリフが韓国人を怒らせていると報じた。問題となっているのは、主人公の娘が父親との会話の中で、韓国人の経営する花屋の花について「キムチのような臭いがする」と語るセリフで、韓国のネットでは、このセリフが韓国の食べ物だけでなく韓国の文化も侮辱するものだとして非難する声が上がっているという。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「ああ、なんだよ!キムチはすごく臭うじゃないか。あのセリフは差別発言でも何でもない。みんな、文句を言うのが好きなんだな」

「韓国人の気に障らないようなことなんてあるのだろうか?最近も、映画『ベイマックス』に出てきた旭日旗のようなデザインが侮辱だと騒いでいたじゃないか」

「この前は『ベイマックス』で、今度は『バードマン』か。韓国人というのは、怒りっぽいんだな」

「セリフの中では、花もキムチの臭いがするということも言っていた。食べ物の好みにかかわらず、誰だってキムチの臭いがする花は欲しくないだろう。チーズの臭いがする花であっても、ザワークラウトの臭いがする花であっても、嫌だからね」

「でもキムチはひどい臭いがするよ。発酵食品なんだからね。なぜ、自分たちの国特有の食べ物に関してそんなに怒らなきゃいけないんだ?私は東欧出身だが、自分の国の食べ物を悪く言われても気にしないよ。自分が好きな食べ物であってもね。韓国人というのは、大体が人種差別主義で階級差別主義なんじゃないのか?」

「セリフが人種差別的だろうとそうでなかろうと、関係ないと思う。これはフィクションなんだよ」

「スウェーデン人だが、発酵食品のシュールストレミングがとても臭いと言われても怒らない。だって本当にそうだからね」

「このセリフについて議論する必要なんてないと思う。韓国人もキムチが強い臭いであることは認めている。だから韓国の家には外にキムチ専用の冷蔵庫が設置されているんだ」

「これは明らかに人種差別的な表現だ。食べ物の臭いというのは、相手の文化や人種を軽んじる時に引き合いに出されるものだ。例えば、インド人に対してはクミンの臭いがするといった具合にね」(翻訳・編集/蘆田)