エボラ出血熱の感染者増加にシエラレオネでも歯止めかかる兆し

ざっくり言うと

  • エボラ出血熱が流行する西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネ
  • シエラレオネで、感染者の増加に歯止めがかかる兆しが見えてきたという
  • 新規感染者数はリベリアでも減少を続けており、ギニアでも抑えられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング