日本が「はやぶさ2」の打ち上げ成功・・韓国ネット「ただただ羨ましい」「韓国は一部だけ日本の先を行っているが…」

写真拡大

日本が小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げに成功したというニュースは、韓国でも注目を集めた。

【その他の写真】

韓国・聯合ニュースは3日、「日本の『はやぶさ2』が宇宙に向かった」と打ち上げの成功を速報した。

記事の中では、「はやぶさ2」が世界で初めて小惑星の微粒子を持ち帰った初代「はやぶさ」を改良した後継機だと紹介。地球から約3億キロ離れ、水や有機物を含んでいる小惑星に向かい、2018年に着陸、石や砂などを採取して2020年末に地球に帰還する予定であることを伝え、「採取に成功して地球に戻ってくれば、太陽系と生命の起源解明に役立つと期待される」と解説した。

このニュースは、多くの韓国ネットユーザーの関心を集め、さまざまな声が寄せられた。主なコメントを紹介しよう。

「韓国は一部だけ日本の先を行っているが、全体的にみて日本が韓国をリードしている」

「我が国と日本とはまだ天と地ほどの差があるってことを自覚しろ…韓国が背負子に牛車引いて歩くとき、空母艦隊に超大型戦艦、飛行機まで作ってた国だ」

「韓流スターの活躍を見て、まさか中国・日本のレベルが韓国より下であると錯覚してはいなかったか…我々もしっかり気を引き締めるべき」

「我々も自国の技術で打ち上げてほしい」

「我々には意地がない。ステルスでもない一般戦闘機の開発すら10年以上検討にとどまっている程度だし」

「日本の悪口を言ってはいるが、ロケット技術は超えられない壁。認めるべきは認めよう」

「韓国は日本に対し放射能猿云々と散々悪口言ってるが、実際は日本の技術力の足下にも及ばないレベル」

「韓国の役人が私腹を肥やすことに精を出している間に、隣国に大幅に引き離されてしまった。国への信頼が失せるよ」

「日本が空を見つめてたとき、我々は川底を掘り返し…費用はどっちも膨大なのに」

「ある国は、沖で転覆事故を起こした旅客船の乗客を救助できず見殺しに。かの国は宇宙へ」

「帰還までするとか…」

「ただただ羨ましい、我々は一体何をしているのだろう」

(編集 兼田)