東京国際映画祭のキャッチコピーに批判「不快な愛国ポルノ」

ざっくり言うと

  • 開催中の東京国際映画祭のキャッチコピーが、不快だと批判されている
  • 「ニッポンは、世界中から尊敬されている映画監督の出身国だった」との文言
  • 日本を自画自賛するコピーに、「最低」「愛国ポルノ」といった批判が殺到

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング