社会人は常にいくらお財布にお金を入れておけば良い?
社会人になると、会社や取引先との付き合いで、不意な出費が必要な時があります。また、移動中に電車が止まった際のタクシー使用など、いろんなケースがあることでしょう。教えて!gooにこんな質問がありました。

社会人として日常持ち歩くお金はいくら?

質問者のkamuatatsuさんは、お金を持っていると使ってしまうため普段財布には3000円くらいしか入れていません。仕事先で、社会人として4〜5万円は持っているべきと言われ、社会人はそんなに持ち歩いているものなのか質問しています。

■現金は少なくても、他の備えを

「独身の頃は常に4〜5万円持ち歩いていました。今は千円札が2枚入っていると幸せです。急な出張が入ることがあるので,コンビニで手数料無しで引き出せる口座に5万円ほど入れています」(sittaka-kunさん)

sittaka-kunさんの場合、結婚後は2000円とのこと。ただ、急に入用になった時にコンビニで利用できる口座を用意しているようです。備えがあれば、お財布には多少お金が少なくても焦ることはなさそうですね。

「小遣い日後や経費の立て替えが戻ってきた時には一時的に10万円を超えるようなこともまれにありますが、即預金します。手元に残しておくのは2万円程度、減ってもあまり気にしません。1000円くらいになったらさすがに補充します。私もあると使ってしまうので…財布とは別にスイカに月1万円チャージします。一応カードは所持しております」(noname#176844さん)

現金では2万円以下とnoname#176844さんは答えています。スイカにチャージされているので、交通費を心配することはなく、スイカで買い物をできるところもありますね。ICカードも持っていることで、急な出費に対応できるようです。

「そんなに持つことは無いでしょう。現金1万円程度とカードを持っておけばなんとかなると思います。靴か鞄の底に1万札を隠しておくっていう非常手段もありかもね」(rav4_hiroさん)

多くの現金は所持せず、もしもの時はカードを使用するとの意見です。財布以外の場所にもお金を入れておくのは、財布をなくしてしまった際などに良いかもしれません。

■使ってしまうことを改善する

また、お金を使ってしまうことに対する指摘もありました。

「大切なことは、『お金があると使ってしまう』性格を矯正することです。この性格が直らない限りお金貯まりませんよ。では、どうすれば直すことができるか?『必ず毎日小遣い帳』をつけること。できれば、使途毎に出費を管理できる出納帳のようなものをつけることです。どんなに細かいものでも記録するようにして、その日の内に、帳面に転記しましょう。(中略)…このようなことをしてゆくと自然に無駄遣いが減ってきますし、経済感覚も養われてくると思いますよ」(take14Emiさん)

take14Emiさんは、質問者さんが経済感覚を磨くことで、常にいくらぐらい持ち歩けば済むかを質問者さん自身が判断できると提案しています。確かに持ちすぎるのも良くありませんし、適するお金の使い方を身に付ければ、さほど財布の中身に悩むことはなくなるのかもしれません。

1000本 ノッカーズ(1000 knockers)