小保方氏の反論は「説得力欠如」

ざっくり言うと

  • 「STAP細胞」の論文問題で小保方氏が9日に会見を行い、「悪意はなかった」と主張した
  • 今回の問題で浮かんだのは、研究の不正行為に対する意識の甘さだと筆者
  • 一連の説明は説得力を欠くとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング