19歳の口から放たれた一言は、今後の芸能界を大きく変えるきっかけになるかもしれません。

 「(値打ちは)ひとりひとりにありますよ。全員に」

 発言したのはモーニング娘。’19のメンバーである佐藤優樹(まさき)さん。16日にオンエアされたMBSのラジオ番組「ヤングタウン土曜」に出演した際に、注目のコメントが飛び出ました。

・合わせて読みたい→
AKB48選抜総選挙8位!SKE48 惣田紗莉渚のオンとオフ(https://cocokara-next.com/motivation/soudasarina-on-off/)


 話題が昨年10月に出版されたファーストビジュアルフォトブック「三角の硝子」の中に水着カットを入れなかったことに及んだ時のことです。

 「私達が水着になります。(写真集の価格は)3000何円です。でも私達には7割も入ってこないんですよ。そんな安いのイヤだ。水着を軽々しく考えている脳味噌をどうにかした方がいいんじゃないかな」

 ハッキリと自分の言葉で、そう主張しました。

 明石家さんまさんが「仕事やからな」と話すと「仕事なら私に1億8000万円欲しい。ヌードは600億円」と返して、「お前の裸、そんな値打ちあるの?」と尋ねるさんまさんに、冒頭のコメントを発したのです。

 これらの模様が報じられると、佐藤さんには大きな称賛の声がもたらされました。それは芸能界の常識とされる「成功のステップ」に「NO」を突きつけるものだったからです。

 これまで、アイドルや女優志望の若い女性が芸能界にデビューし、確かな存在感を築くためには、どのような道のりを歩めばよかったでしょうか。

 おおむね、まずは青年誌やコミック誌の表紙やグラビアを飾り、顔と名前を売り込むところから始まります。その場合、インパクトは強ければ強いほど、成功への近道とされてきました。ビキニの「表面積」ひとつとっても、事務所サイドの「野心」によって大きく変わっていきます。

 いや、昔はもっと酷かったかもしれません。今をときめくドラマの主演女優も、90年代前半にはいきなり裸のシーンを撮らされたことがあるといいます。名作と呼ばれるそのドラマは、今となってはお蔵入りしてしまい、再放送されることはありません。

 10代、20代の若い女性の誰もが、水着での写真撮影を楽しく受け止められるかといえば、そうとは限りません。恥ずかしさもあるし、本音ではやっぱりやめたいと思うこともある。でも、カメラマンやメイク担当、編集者など大勢のスタッフが自分のために集まっている光景を目にすると、たとえ逃げ出したくても「嫌です」とは言えないものです。そんな中、マネージャーはこうささやきます。

 「みんな水着からスタートして、羽ばたいていったんだよ」

 一定の説得力に満ちた言葉です。青春ラブコメに主演してまぶしい輝きを放つあのアイドルも、映画賞を総なめにするあの演技派女優も、みんなグラビアで水着になってから、大きく巣立っていった。嫌かもしれないけど、少しの我慢だよ。ビッグな存在になったら、仕事は選べるから-。

 佐藤さんの勇気ある主張は、そんな確固とした「システム」に異議を唱えるものでした。嫌ならNOと言っていい。着る着ない、見せる見せないは、自分が決めること。大人の事情なんかに縛られなくていいんだよ、と。

 一方でグラビアアイドルは今、女子高生にとって屈指の憧れの職業であるというデータもあります。前向きに、元気いっぱいに撮影に取り組んでいる女優さんも大勢いることでしょう。

 そうです。大事なのは大人の意向に左右されることなく、自分の気持ちに正直に決めていいのだということ。佐藤さんの一言が、変革への第一歩になることを願ってやみません。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]