ローソンで商品の消費期限を改ざん 2店舗のオーナーと従業員らを処分

ざっくり言うと

  • ローソンは、埼玉県三郷市の2店舗を経営するオーナーと従業員らを処分した
  • 弁当などの消費期限が切れそうになると、7時間延長したシールを貼り販売
  • 2年半に1万個以上が販売された可能性があるが、健康被害は確認されていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング